ビジネスクラブ&新年会 参加報告その2

January 17, 2018

 

 

 

今回ビジネスクラブの講演をされた中野さんはTOEICスクールを起業し『求められる人材と

なるまで自己を高め、機を逃さず進むこと』を実践された方であり、その経験談は我々を

勇気付けでくれました。

 

中野さんは就職氷河期、単身海外に渡り個を強くされた。スキルがなければ付ければいい、

そのスキルで勝負する。名著『青春を山に賭けて』で植村直己さんが世界に第一歩を踏み出した

姿を彷彿とさせました。

 

お話の中で自らのアメフト経験より攻・守双方から物を見る、多面的に捉えることの大切さに

言及されました。またTOEICが単なる語学力ではなく情報処理力(要領、調整力)を問うものだ

とも言われました。

『状況を客観的に把握し、自らの強みを生かし戦略を立てて対処すれば』あらゆる局面を乗

り切れるということでしょうか。

 

 

もちろん周囲への配慮は忘れずに、というのがメッセージとして伝わってきます。

私自身他力本願、やみくもに生きてきましたから、中野さんの自分史は私を覚醒させ振り返る

機会を与えて下さったように思います。

 

第二の人生、気持ちだけは若くしてちょっと立ち止まり『考動』できるようにありたいと思います。

 

 

 

中野さん、そしてビジネスクラブ部長の加登さん、年初に熱いエールありがとうございました。

 

 

 

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事