2017年4月ビジネスクラブ参加報告

 

本日はたくさんの質問をいただき大変嬉しかったです。 

リスクマネジメント業界について、船級という切り口で話題を選ばせていただきました。
利害関係の無い第三者の評価が必要になるときがあること、海事業界のプレーヤーについて

知っていただけたら嬉しいです。改めてありがとうございました。

前田和雄(H17理工院)

 

 

ビジネスクラブに参加いたしました。

船舶関連業界以外の方には「船級とは」を一言で説明する事は難しいのですが、

講義では、一般的に分かりやすく説明していただきました。

第2段として、船舶は財産としての新造船・中古船売買の視点やISO 認定といった

面の講義も面白いのではの思います。

DNVGL認証は現在最も信頼性が高い評価となっております。

安藤裕行(‎S48工学研究科流体力学専攻)

 

 

私は長年ポートアイランドに住んでおり船舶の往来を見て過ごしてきましたが

その寄港や荷上げには協会の厳しい審査によって得られた『船級』というお墨

付きが必要であることを、今回の前田さんによる講話で理解致しました。

 

以前から船舶の融資スキームについての知識はあったのですが信用の裏付けに

船級協会という存在があったことは目から鱗です。当日は前田さんの研究室の

先輩である安藤先輩もおられ、分かりやすく絶妙な補足を頂き理解度が倍増

しました。

 

講演を聴きながら昨今の船舶事故を嘆き、船級協会の存在意義を認識したのは

私だけではないと思います。残念ながら協会が検査のハードルを高めたり法令

が見直される背景には悲劇の教訓があり、あらためて安全安心の貴さ・有り難

さを思います。

 

さて、講師の前田さんは日本ホッケー協会の国際委員会委員という肩書きもあ

り、アカデミックなナイスガイ。お人柄にも触れられた楽しい講演でした。

ありがとうございました。

(S57年法卒 田中豊)

 

 

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ