「第1回西神・駿台会」参加報告

 

 

1月19日夕西神そごう5Fにある讃岐うどん「へんろ」にて第1回西神・駿台会が

盛大に開催されました。

青山先輩の音頭により、西神中央並びに西神南地区在住の明治大学校友の皆さん
と、初会合を持つことが出来ました。
集まったメンバーは昭和32年卒業の友部様ご夫妻(いずれも法学部卒)を筆頭に、
80歳代3名、70歳代2名、60歳代2名、50歳代2名の合計9名で盛大に行われました。
 

この日が初対面にも拘わらず、「明治は一つ」の名の下に、何十年来の関係の如く
一気に打ち解け、正に「明治」と云う大きな絆を実感出来る会合となりました。
開催会場の西神そごう5Fにある讃岐うどん「へんろ」は、(株)フォレストワンの経
営でそこの社長が林 伸二様(S60法卒)で同じ校友なのです。
(林社長のご息女が今年明治の経営学部に入学される由、おめでとう御座います)
今回勿論参加頂くと同時に、美味しい料理を提供頂きました。


学生時代の諸々の話を元に懐かしく語り合う情景は、正に笹田支部長の求める「楽
しい校友会」即ち「後輩は先輩を慕い、敬い、尊敬の念を抱きながら大切に想い接する。

先輩は後輩を人生の先達として教え導き、優しく愛おしく見守る」を見事に実感出来る

素晴らしい会合となりました。


約2時間半がアッと云う間に過ぎ去りお別れを惜しみつつ、次回も皆さん元気にお
会い出来ることを約束し散会となりました。
皆様有難う御座いました。そして素晴らしい会合の音頭を取って頂いた青山先輩に
心より感謝致します。
この記事を読まれた西神地区在住の校友の皆様、次回には是非ともご参加下さい。

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事