2019総会・懇親会 参加報告その4

先日、神戸地域支部懇親会に参加させていただきました。 OGのお誘いがきっかけで昨年から参加させていただいております。 毎回(?)観れる寸劇もグダグタ感があってとても好きです☺ 私のように校友でなくても気軽に参加できる会です。 校友の皆さん、そうでない方も次回のクルージングでまたお会いしましょう♪ 明治ファン

2019総会・懇親会 参加報告その3

先日は校友会総会懇親会ありがとうございました。 奈良に転居してからも神戸地域支部の集まりに引き続き参加させて 頂きありがとうございます。 今回は初めて妻と二人で参加しました。 会場の明治愛に引いていなかったか心配になり、感想を聞いてみると 「初めて参加させて頂きました。皆様仲が良く母校への愛情に道溢れており とても楽しかったです。また他のイベントなど参加したいです。猪肉食べてみたいです。」 とのことでした。 今後とも機会あれば夫婦で参加させて頂きたいと思いますのでよろしくお願い致します。

2019総会・懇親会 参加報告その2

6月9日、令和初の神戸地域支部の総会、懇親会が執り行われました。 総会では、やや緊張感の漂う空気の中、活動実績、決算内容、役員人事、 今後の予定等の報告、承認が滞りなく完了しました。 その後は新たな気分で懇親会がスタートしました。 今回も盛り沢山の内容で、現在の校友だけでなく、初めて来られた校友の方々、 また校友のご家族、子供逹まで全員が参加できた非常に楽しい会でした。 来られた方々全員が楽しめることに主眼が置かれている、神戸地域支部 ならではのイベントだったと思います。 神戸地域支部では、様々なクラブをはじめ、イベントが充実しています。 今後もこれらに楽しんで携わっていきたいと思います。

2019総会・懇親会参加報告その1

令和最初の総会、懇親会。 いつものように楽しく参加させて頂きました! 初めてお会い出来た先輩に、帰りがけ、ありがとうね。 と言って頂き同胞の絆を短時間でも感じられる会だと改めて感じました。 今回も田中先輩の校歌応援コールの太鼓伴奏を光栄にも受け持たせて頂き、 とても楽しかったです。 企画、運営して頂いた先輩方、本当にありがとうございました。

2019懇親会~実行委員からの感謝

「令和幕開けの総会懇親会は優雅な日舞と力強い和太鼓の演舞を メインとして企画させて頂きました。 約80名の先輩方、若手の方々にお会いすることができ、恒 例の抽選会にも多数協賛頂きました。 まさに皆様の思いが一杯詰まった「楽しい会」、厚く御礼申し上げます。 わたくしたちはこれからも皆様がどんどん参加され、 お帰りには「また来るよ!」と笑顔でお声掛け頂けるような校友会に していきたいと思いますのでどうぞ宜しくお願い致します。 元気な皆様とまたお会いする日を楽しみにしつつ…

2019懇親会 笹田支部長ご挨拶

本日はかくも多数の校友の皆さんにお集まりいただき本当にありがとうございます。 先ほど無事総会が終了し、神戸地域支部の方針、予算、役員人事案をご審議のうえ 満場一致で承認されましたことを改めてここにご報告いたします。 ありがとうございました。 今年も「楽しい校友会」をスローガンに先輩と後輩が楽しく仲良く「笑顔」で集う校友 会組織を更に深化させその実現に向け邁進しますことをここに改めてお誓い申し上げます。 さて、改めて「令和元年」であります。 「令和」は「明治」と同様、なんとも格調高い響きではありませんか? 皆さんもそう思いませんか? そして我が明治は春の6大学野球で完全優勝です。 令和元年に明治の優勝です。 新たな御代に花を添えてくれました。 後輩達、おめでとう。 その令和の元号は初の国書(万葉集)からの引用とのこと。 私、こう見えても文学部出身なんでちょっと詳しいんです。 諸説ありますが1200年以上前に大伴家持(おおとも の やかもち)が 編纂したというのが有力です」 中略 奈良時代に成立した日本最古の和歌集である「万葉集」。 その万葉集の中に大伴旅人が詠んだ「梅花の歌」の序文が新元号「令和」の出典とされています 中略 さて、それはこう詠まれています。 初春の令月にして、 気淑(よ)く風和ぎ、 梅は鏡前の粉(こ)を披(ひら)き、 蘭は珮後(はいご)の香を薫(かをら)す。 現代風に言うと ある日、大伴旅人の庭に友人たちが集まって宴会しました。 天を仰ぐと初春のイイ月が出ています。 そして心地よいイイ風も吹いています。 庭先を眺めると梅が鏡の前

2019神戸地域支部総会 本年度方針と笹田支部長ご挨拶

【2019総会支部長ご挨拶】 本日はお忙し中、明治大学校友会神戸地域支部「総会」にかくも多数お集まり 頂きありがとうございます。 日頃より支部運営には皆様から一方ならぬご支援を賜わり、壇上からでは ございますが深く感謝並びに厚く御礼申し上げます。 誠にありがとうございます。 さて、令和初の総会であります。 改めて身が引き締まる思いです。 まさか私が平成からこの令和への御代替わりの歴史的な年を 引き継き支部長の重責で迎えるとは想像もしておりませんでした。 因に私が初めて神戸地域支部長を拝命したのが11年前の平成20年であります。 つまり平成の世の丁度三分の一を支部長として過ごしたことになります。 それなりに重く長い年月であったと思います。 今考えますと右も左もわからぬまま ただただ愚直に前を向いて駆け抜けて来ただけように思います。 決して平たんな道のりではなく暗中模索、迷いの連続でもありました。 しかしそんな中ここにお集まりの校友の皆さまの温かくも厳しい叱咤激励が そして何にも代えがたい「笑顔」が愚生私の唯一の心の支えであったように思います。 私は就任当初より一貫として「楽しい校友会」を標榜してまいりました。 私の考える楽しい校友会の姿とは・・・。 後輩は先輩を慕い、敬い、尊敬の念を抱きながら大切に想い接する。 先輩は後輩を人生の先達として教え導き優しく愛おしく見守る。 先輩と後輩とはそんな関係が前提だと思います。 そこに揺るぎない強い絆が生まれ育まれ、 はじめて同窓としての楽しい交わりができると思います。 それが明治の伝統、校友会のあるべき姿だ

RSS Feed
特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

メルマガ (校友会活動の最新情報をニュースレターとして配信します)ぜひご登録ください。

ニュースレター購読