2017MKC納涼会(ディナークルーズ)~参加報告その5

神戸港開港150周年を記念してなのか、今年の納涼会は趣向を凝らした神戸港クルーズとなりました。暑さはまだ残るものの時折涼しい風が吹く8月終わりの土曜日の夕暮れにポートタワー前から出航し、神戸を代表する工場地域、ハーバーランド、ポートアイランド等の景色を楽しんでいたのも束の間、お酒を手にするといつもと変わらずあちらこちらで話しに花が咲いていました。 相手が代われば話しも変わり、ゴルフの話に始まり、家族の話、また神戸空港に着陸する飛行機を 眺めながら、この空港ができた経緯についても教えて頂きました。 年代を超えて様々な人々と交流を持てるのがこの会の良い所だと再認識しました。 ふと気がつくと帰航の時間。 いつもと違い、海からの神戸の街の夜景を楽しみつつ2時間のクルーズ終了。 みんな、船にでもお酒にでもなく、楽しい雰囲気に心地良く酔いつつ帰路についたとさ。

2017MKC納涼会(ディナークルーズ)~参加報告その4

26日のMKC納涼会クルージングに参加しました。 神戸港を出港して約2時間、普段は家から遠くに見える港の景色を海から眺める非日常。 デッキで気持ちいい風を受けながらのビールはまた格別でした。 薄暮から夜に向かう黄昏時、だんだんキラキラはっきりと浮かび上がってくる観覧車や タワーのイルミネーションに、5歳の娘も「キレイだね〜」と釘付け。 MKCの会に娘と一緒に行ったのは初めてでしたが、お姉さんの夢ちゃんはじめみなさま 暖かく迎えてくださって、娘もリラックスして楽しめたようでした。 こんなふうに家族で参加して楽しめるのもMKCの魅力だと思います。 アットホームな雰囲気がいい感じです。 次回ボーリングにも娘連れで参ります( ´ ▽ ` )ノ

2017MKC納涼会(ディナークルーズ)~参加報告その3

8月最後の土曜日に 恒例の納涼会が開催され、ファンクラブ会員ナンバー001番と002番で参加いたしました。 今年は、『ゆりかもめ』に乗船。クルージングをしながらバイキングを頂く、神戸港開港 150周年にふさわしい企画でした。 夏休みのこともあり、ちびっ子達の参加が、ほのぼのとした雰囲気を醸し出してくれていました。 夢ちゃんは、もうちびっ子ではなく、浴衣姿も艶やかなレディですね。 支部長笹田さんとのやり取りも、堂に入って、お見事です。 夕暮れ~夕焼け~夜景~景色を堪能しながら、飲んで食べてお喋りをして、あっという間の時間でした。約一名の方(支部長)は、借りてきた猫のように静かでしたが、下船の頃には、お元気になられたようですね。 お料理も美味しく、スタッフの方々も親切で、心地よいセーリングでした。 何時もながら、お世話していてだいた支部長始め、温かく迎えて頂いた皆さんに感謝しながら、 夏を堪能して、元気に次の季節を迎えたいと思います。

2017MKC納涼会(ディナークルーズ)~参加報告その2

今年の納涼会は開港150年を迎え海がテーマの神戸にふさわしい魅惑のクルージングでした。 多くの先輩方がご家族・ご友人、小さなお子様を伴わてのご参加、なごやか、アットホームな 夕涼みの会として過ぎゆく夏を惜しまれたことでしょう。 ファンタジー号で神戸港を周航、普段味わえない海からの眺めを私も満喫致しました。 貸切で膝をすりあわせての歓談のひとときは他のイベントにはない魔法となって皆様をちょっと 饒舌にしたのではないでしょうか。 私事として恥ずかしきは校歌斉唱のエールを拝命するもやはりピンチヒッター、期待を裏切らない? ズッコケリードで本邦初の迷校歌、「輪唱付き」としてしまいました。皆様どうか非日常の戯れと お許し願います。 さて次回は劉さんの美しいシャンソンとバンカラ明治が混在する感動と情熱の忘年会・クリスマスパーティが皆様をお待ちしております。私もイベント盛り上げ隊として更に磨きをかけて参ります。 皆様との再会が待ちどおしいです!!

2017MKC納涼会(ディナークルーズ)~参加報告その1

8月26 日(土)は、明治大学の神戸地域支部の「納涼会」イベントに参加させて頂きました。 今回のイベントは、神戸港からのクルージングという、とても素晴らしい企画でした。 クルージングで、神戸港を出発し、船上で、神戸地域支部の交友の方々が集い、語り合い、 とても有意義な時間を過ごす事ができました。 なかでも、初めてお会いした大先輩から、色々なお話を聞かせて頂き、とても勉強になりました。 今回のイベントに参加させて頂き、改めて、「神戸地域支部」って、素晴らしいなあって 感じました。 まだ、明治大学の神戸地域支部の存在を知らない校友の方がおられましたら、是非、一度、 参加してみて下さい。 暖かく迎えてくれるのが、神戸地域支部の一番の魅力だと思います。

2017MKC納涼会(ディナークルーズ)~支部長ご挨拶

残書まだまだ厳しい折、本日は明治大学校友会神戸地域支部「MKC納涼会」 にかくも多数の校友、ご家族そして明治ファンにお集まりいただき 本当にありがとうございます。 壇上イヤ今日は船上からではありますが謹んで御礼申し上げます。 さて、今年は神戸開港150周年です。 まさに「みなとまち神戸」はこの神戸の港を通して多くの物資、 人が行き交いその輝かしい歴史が始まりました。 そして150年後の今日(きょう)。 神戸の海に集い遊覧するは我が明治大学校友会神戸地域支部の皆さんです。 その神戸の歴史にちなんで今年の納涼会はディナークルーズにいたしました。 ところでみなさん 今のように日没後の「太陽は沈み切っていながら、まだ辺りが残光に照ら されているほんのわずかな、しかし最も美しい時間帯」を何と言うか ご存知ですか? 「ハイ、マジックアワーです」(夢ちゃん) ピンポーン!その通り! ホント夢ちゃんは日に日に賢くなるね。 そんなに賢くなって将来どこの大学行くん? 「ハイ、明治大学です」 はい、今日もお決まりのフレーズが出ましたね。 そのうち「ハイ、早稲田大学です。」って言うじゃないかとおじさんは 毎回内心ヒヤヒヤしています。ありがとう。 話を戻します。 そのマジックアワーです。 神戸の最も神戸らしい美しい姿。山と海のコントラストが最も映えるのは この夕方6時頃 海から見る暮れなずむ夕べの時間帯なんです。 これがまさに神戸のマジックアワーなんですよ。 明治維新前夜、坂本龍馬も勝海舟もこの同じ風景を眺め日本の夜明けを 夢みたんではないでしょうか? そう考えると感慨深いです。 話は少し逸れますが わ

支部長会・代議員総会参加報告

7月29日・30日、支部長会、代議員総会に行ってきました。 セレモニーの後、2016年度決算報告、監査報告があり2017年度事業計画、2017年度予算計画などが満場一致で可決されました。 明治大学校友会は、「明治はひとつ」をスローガンに、約54万人を超える校友が世界中のあらゆるシーンで活躍しています。また、母校が発展・充実するよう、大学のブランドを強めていくことを重視した、ヒューマンネットワークの構築に取り組んでいます。 明治大学のみならず現在の日本の大学を取り巻く環境は、止まらない少子化の荒波に加えて、複雑化・多様化しつつ急激に進展する高度情報化社会を背景に、年々厳しさを増しています。 そんな中、一般入学試験志願者数において、11年連続で10万人を突破し、このように志願者が増加していることからも、母校明治大学は現在隆盛期にあるといえます。 明治大学が、これに慢心することなく、常に改革を推し進め、大学間競争に打ち勝ち、真のトップスクールとしての地位を盤石なものとしていくためには、学生教職員はもとより、保護者や全国の校友等、明治大学に関わる全ての関係者が「明治はひとつ」の合言葉のもとで、ひとつに結集しなければなりません。 向殿会長は就任以来今日まで、明治大学校友会こそが明治大学を愛する世界中の人々のキーステーションとなります。「ALL MEIJI」体制を構築すると高らかに宣言しています。 私たち明治大学校友会はこれまでの歩みを止めることなく向殿会長の掲げる構想実現に向け更なる飛躍を目指して大きく前進しているところです。 大学の評価は、校友の評価でもあります。校友が集う校友会の活動

RSS Feed
特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

メルマガ (校友会活動の最新情報をニュースレターとして配信します)ぜひご登録ください。

ニュースレター購読