MKCゴルフコンペ参加報告

2017年春季コンペはいつもと同じチェリーヒルズゴルフクラブ、 空は晴れ渡り新緑が映える最高のゴルフ日和。 今回の優勝(NET 73.8)は校友では最年少の山田さん。いつもコンペでは気配り目配り しながら縁の下の力持ち的存在でしたがとうとうやりました! 二位は初参加の山本康生さん(62年卒)、常に安定したティーショット(ドラコン賞も GET)できっちりスコアをまとめました。 三位は上位入賞常連の山村さん。そしてベスグロ(83)は大阪府支部からお越し頂いた 田賀さん、2つのニアピン賞を含め安定したスコアでした。 さて、私はというと珍しく上位(6位)でした。優勝者(山田さん)、二位の方(山本さん)が 一緒の組だったので引っ張り上げられたのか、はたまた上達しているのか?・・ 4つのパーと奇跡のニアピン賞を頂き次回に繋がるラウンドとなりました。 また、同じ組で回った南和宏さんと山本さんは同期(62年卒)で卒業したてで就職した 会社も同じだったとか・・お互い組合せ表だけでは思いもしなかった様で、十数年ぶり の再会がゴルフコンペというのも面白いですね。 それから今回もご協賛を頂きました。 雁田剛敏さん(アサヒビール)からは沢山の缶ビールを、遠藤桂三さん(松谷海苔)から 海苔の詰合せをありがとうございました。 「海苔と云えば松谷海苔」、「やっぱりアサヒがNo.1」ですね(o^^o) 秋のコンペは10月の3連休(10/7~10/9)のいずれかに開催する予定(間も無く正式決定)です。 お楽しみに。

2017年4月ビジネスクラブ参加報告

本日はたくさんの質問をいただき大変嬉しかったです。 リスクマネジメント業界について、船級という切り口で話題を選ばせていただきました。 利害関係の無い第三者の評価が必要になるときがあること、海事業界のプレーヤーについて 知っていただけたら嬉しいです。改めてありがとうございました。 前田和雄(H17理工院) ビジネスクラブに参加いたしました。 船舶関連業界以外の方には「船級とは」を一言で説明する事は難しいのですが、 講義では、一般的に分かりやすく説明していただきました。 第2段として、船舶は財産としての新造船・中古船売買の視点やISO 認定といった 面の講義も面白いのではの思います。 DNVGL認証は現在最も信頼性が高い評価となっております。 安藤裕行(‎S48工学研究科流体力学専攻) 私は長年ポートアイランドに住んでおり船舶の往来を見て過ごしてきましたが その寄港や荷上げには協会の厳しい審査によって得られた『船級』というお墨 付きが必要であることを、今回の前田さんによる講話で理解致しました。 以前から船舶の融資スキームについての知識はあったのですが信用の裏付けに 船級協会という存在があったことは目から鱗です。当日は前田さんの研究室の 先輩である安藤先輩もおられ、分かりやすく絶妙な補足を頂き理解度が倍増 しました。 講演を聴きながら昨今の船舶事故を嘆き、船級協会の存在意義を認識したのは 私だけではないと思います。残念ながら協会が検査のハードルを高めたり法令 が見直される背景には悲劇の教訓があり、あらためて安全安心の貴さ・有り難 さを思います。 さて、講師の前田さんは日本ホッケー協

神戸地域支部 顧問・相談役報告会

桜満開の4月9日(日)午後12時。三宮にある老房神戸店にて 恒例の「神戸地域支部 顧問・相談役報告会」が催されました。 これまで物心両面から校友会を支えていただいた大先輩方へ の年2回の報告会です。 神戸地域支部の今年度の方針やこの半期の支部運営、近況など 多岐にわたり相談やご報告をさせていただきました。 今回もいつもに増して貴重なご意見、アドバイスをたくさん頂戴 しました。大変参考になりました。 支部活動に大いに活かしてゆきたいと思います。 先輩方、本当にありがとうございました。

RSS Feed
特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

メルマガ (校友会活動の最新情報をニュースレターとして配信します)ぜひご登録ください。

ニュースレター購読